« 編集部オススメの電子書籍えほん『きりのすけ』と英語版『kiri-no-suke』楠ふき子(著) | トップページ | 編集部オススメの電子書籍児童書 受賞作『ワスレン坊』神月ひろみ(著) »

2017年4月 4日 (火)

編集部オススメの電子書籍えほん 受賞作『2つの名前をもつカラス』 ほんだしずか(著)

第1回クリエイティブメディア出版・えほん児童書コンテスト
えほんストーリー部門『最優秀部門賞』受賞作

notesnote無料立読み版(LITE版)の中をご紹介notenotes

『2つの名前をもつカラス』ほんだしずか(著)

ribbon club全イラストはセイカノートプリンセスでお馴染みの「小酒井久子」さんが手掛けています!

Litekokorpgu


Karasup2

ある日、カン太が木に止まり、かきのみをたくさん食べてうとうとねむっていると、足をすべらせて、じめんへおちてしまいました。
すると、そこにはいじわるな男の子たちがいて、カン太をつかまえてしまいました。
「しっかりおさえろー。」そして、カン太はペンキでらく書きをされてしまったのです。
「くちばしが黒いから、黄色くぬっちゃえー。」
「やっちゃえ、やっちゃえー。えへへへへ。ぼくもやりたいなあ。顔にもかいちゃおう」
「あはははは!見ろよ、このカラス!九かん鳥みたいだぜー!」
カン太は九かん鳥にされてしまいました。



すると、こんどはペットショップにいるおじさんがカン太をのぞきこみました。

「やぁやぁ、これはわしの店からにげた九かん鳥じゃないか。きみたち、つかまえてくれてありがとう!」と言って、おじさんはカン太をペットショップへつれていってしまうのです。



Karasup3

そのペットショップで「カン太」は心優しい「さち子ちゃん」と出会います。

Karasup4

さて、実は「カラス」であるカン太と「九官鳥」だと信じ込んでるさち子ちゃんの新しい生活はどうなっていくのでしょう。

Kokorogu

cherry続きがとっても気になりますよね!
九官鳥だと信じこんでいる「さとこちゃん」に本当のことが知られてしまうのでしょうか…
もしも、知られたらどうなるのでしょうか…eye


「2つの名前をもつカラス」はAppStore/GooglePlayにて好評発売中!!


Rogoapp

https://itunes.apple.com/jp/app//id474696962?mt=8


Rogogoogle

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.inputtype&hl=ja

« 編集部オススメの電子書籍えほん『きりのすけ』と英語版『kiri-no-suke』楠ふき子(著) | トップページ | 編集部オススメの電子書籍児童書 受賞作『ワスレン坊』神月ひろみ(著) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ